目にもいいノコギリヤシ

ヤシ科の植物の一種である「ノコギリヤシ」は、ノコギリのような葉の形状をしているためにこのような名前が付けられました。
北アメリカ大陸からメキシコに自生している植物で、太古の昔からネイティブアメリカンが健康によいとして食べてきました。
ノコギリヤシの果実を食べると、滋養強壮や精力増進、鎮静剤などの効果を発揮し、大変重宝されていたのです。
日本では、男性のトラブルなどに効くサプリメントとして有名です。
特に男性特有の症状「前立腺肥大」に効果をあらわし、不快な排尿トラブルを緩和します。

また、男性ホルモンを調節し、抜け毛を防いでくれる働きをするのです。
ノコギリヤシは、男性のトラブルによく効きますが、実は目にもいいことをご存知でしたか?
ノコギリヤシの効果には、抗酸化作用というものがあります。
抗酸化作用とは、細胞の酸化を防ぐ働きのことを言います。
細胞が酸化すると、身体の老化につながります。
人間は、生きるために呼吸をします。
呼吸をすると、吸い込んだ酸素の約2%が活性酸素になります。
活性酸素とは、体内の有害な菌を殺菌する働きをするものですが、過剰に発生すると、細胞を酸化させてしまうのです。

酸化した細胞は、老廃物がスムーズに排泄されず新しい細胞が生まれるのを阻害してしまいます。
新しい細胞の生成が常に繰り返されることが、若々しさを保つことに一番重要なことです。
ノコギリヤシは、優れた抗酸化作用で細胞の新陳代謝を促します。
新陳代謝がよくなれば、目の細胞も若返ることになります。
目が老化すると、緑内障、白内障、老眼の他、眼精疲労がひどくなり回復が難しくなります。

これを食い止めるのがノコギリヤシの抗酸化作用です。
目にいいと言われるルテインやブルーベリーもこの抗酸化作用に優れています。
目の健康の鍵を握るのは抗酸化作用なのです。
ノコギリヤシは男性のトラブル以外にも様々な症状に効果を発揮します。
天然成分なので、ノコギリヤシは過剰摂取しない限りあまり副作用の恐れはありません
ノコギリヤシを有効に使い毎日の健康に役立てましょう!

トップに戻る