頻尿

ノコギリヤシで膀胱にも変化

男女ともトイレに関する悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。
最近では、「過活動膀胱」という病気が知られてきています。
過活動膀胱とは、膀胱の筋肉が過剰に運動することが原因で起こり、脳と膀胱を結ぶ神経に異常をきたして起こる神経因性のものとそれ以外が原因で起こる非神経因性のものがあります。
トイレが近くなり、何度も夜中にトイレに起きてしまいます。

また、急に尿意を感じ、我慢できなくなります。
トイレまで間に合わず、尿漏れを起こしてしまう事も。
こうなると、トイレの事ばかり気にしてしまい、仕事に集中できなかったり、旅行をするのをためらったり、日常生活にまで支障をきたしてしまいます。
毎日このようなことが起こったら、気持ちが暗く沈んでしまいます。
治療法としては、専門の医療機関を受診するほか、医薬品や体操などで改善していきます。

また、過活動膀胱がまだ軽い場合、「ノコギリヤシ」を使って改善していく方法もあります。
インディアンが健康食として利用してきたノコギリヤシは、葉っぱの形がノコギリのようにギザギザしていることからこう呼ばれています。
過活動膀胱ではないのですが、頻尿や残尿感など同じ症状に見舞われる「前立腺肥大」があります。
男性ホルモンの乱れで起こる前立腺肥大はノコギリヤシのホルモン調節の働きによって改善することが期待できます。

また、利尿作用もありますので、尿が出にくい時は摂取してみることをおすすめします。
もちろん、女性が摂取しても、ホルモンのバランスが整えられ、バストアップ効果が得られたり、女性らしい体つきを維持してくれるのに役立ちます。
しかし稀ではありますが、男性ホルモン優位になりしてしまう事もあるようで、ヒゲが生えるなど、身体が男性のようになっていくケースもありますので、一日の摂取量をしっかり守り使用するようにしましょう。
ノコギリヤシを正しく使い、爽快な毎日を過ごしてください!