ノコギリヤシで女の子を産み分ける

男女の産み分けには色々な説があります。
まだ研究段階で解明されていないものも多くあります。

さてノコギリヤシを摂取することで、女の子を産み分けすることができるという研究がすすめられているのをご存知でしょうか?これはプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンをたくさん分泌させることにより女の子を授かるという、アメリカで研究が進められている説に基づくものです。
プロゲステロンは、妊娠するためにはこのホルモンなしでは妊娠ができないという重要なホルモンです。
受精卵を子宮内に着床しやすくしたり、妊娠に必要な水分量や血量を増やしまた体温を上げたりと、妊娠するために様々な仕事をしてくれるホルモンなのです。
プロゲステロンの割合が多いほど、女の子を妊娠しやすくなるといわれているのです。

ノコギリヤシには、女性ホルモンを活性化し、プロゲステロンの分泌を促す働きがあります。
その結果プロゲステロンが体内で増加するのです。

女の子を産み分けるためにノコギリヤシを摂取する場合、ノコギリヤシを服用する時期が重要なポイントです。
生理が終了した時から排卵するまでの間に摂取することで、女の子が授かりやすくなるといわれています。

この産み分け方法は医学的に証明されたものではありません。
絶対に女の子を授かるという保証はどこにもないのです。
確実に産み分けをしたいと思っている方にはおすすめできません。
産み分け外来など、専門の病院を受診することをおすすめします。

トップに戻る